スポンサーリンク
metalmusicpunk rock邦楽

逆輸入の能面ラウドロック!! FACTの2ndアルバム『FACT』 【アルバム解説】【オススメ曲】【解散】

metal
この記事は約6分で読めます。
0 0
Read Time:55 Second

こんばんは。

 

昨晩はお酒を少し飲んでしまったかつ、6連勤の疲れも溜まり、起きたのは夕方18時です。せっかくの休日なのにビックリ。

 

 

目を覚ますため、顔を洗おうと僕は洗面所に向かいました。

そして鏡に写った自分は寝すぎたあまり、血の気が無く顔は真っ白。

オマケに元々細い目は、寝起きで浮腫んでるということもありより一層細く、もう細すぎるぜ。

 

僕はそんな自分の顔をみて思いました。

 

 

 

まるで能面みたいだな、、。

 

 

 

能面と言えば思い出すバンドがあります。

メンバー全員能面を付けている日本のバンドです。

 

 

 

FACTです。


【送料無料】 FACT ファクト / FACT 【CD】

 

ということで今回は日本のロックバンドFACTが2009年に海外デビュー&国内メジャーデビュー作として発表したアルバム『FACT』を軽く紹介してきます!

日本よりも先にアメリカのレーベルであるvagrantにて発表したセルフタイトルアルバム。

この年にはMETALLICA、LinkinParkらが参加したイギリスの大型ロックフェスSonisphere Festivalで日本人初のメインステージにてライブを演じるという快挙を成し遂げました!

この事実から読み取れるように日本よりも先に海外で注目を浴びたバンドです!

能面姿、ツインギターにハイトーンヴォイス、予測不可能な変則的な音楽構成、まさに世界基準、世界標準の日本のラウドロックアルバムを是非聴いて欲しいです!

ジャンル
ポストハードコア、スクリーモ、ラウドロック、メタルコア、スラッシュメタル、エレクトロ、ダンス

速さ
★★★★
変則的リズム
★★★★★

今回も簡単なアルバム解説とオススメの曲を紹介していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オススメの3曲!

1 a fact of life

目まぐるしいスピード展開していくFACTの代表曲です!電子音から始まりダンサンブルなノらずにはいられないサウンドにリズム、VoのHiroのハイトーンボイスに早口。
全てか衝撃的。FACTの全てが詰まってると言っても過言ではない曲です!

 

 

2 reborn

歯切れのいいザクザクしたギター音から始まる曲です。
2分20〜あたりから終わりまでのギター中心の展開はロック好きには堪りません。
キャッチーさもあり聴きやすいです!

 

 

3 paradox

アルバム1曲名。ドラムンベースなイントロから始まり、そこにエスニックな女性の声とともに徐々に加速していきます。デスヴォイスも加わり更に熱を帯びて気づけばクリアなサビに到着。またしてもドラムンベースな雰囲気に戻り次にラウドな感じに戻り……最後の最後はエロクトロに締めくくる。FACTらしさ爆発の変則的展開なオリジナリティー溢れる名曲です!

 

 

 

strung outインスパイアの速さがあるし、シャウトもあるし、デスヴォイスもあるしスラッシュメタル的アプローチもあるラウドロックなアルバムでありますが、ガツガツ、ゴリゴリしすぎておらずキャッチーさもあり聴きやすいです。メロディーの強さもその聴きやすさの所以かもしれません。
エレクトリックな編集も僕が初めて聴いた時は新鮮で仕方がなかったです。

 

 

このアルバム発表当時、どこのCDショップに行っても
「FACTやばい!」「FACTおすすめ!」
みたいなポップだらけだったのを覚えてます。

 

 

このアルバムは大ヒットしその後もFACTはワンマンフェスを催す等日本のラウドロックシーンを席巻しましたが、2015年に解散。

解散後のインタビューでギターのkazukiは解散の理由を質問されてこのような事を言っています。

「結果から先に言ってもいいですか? 今の俺らが最強にカッコいいからっす。」

FACT「best+ 2009-2015」インタビュー - 音楽ナタリー 特集・インタビュー
全員で明かす、FACTの歩み&解散理由

ホントにその通りです。かっこよすぎてまだまだ聴き続けたかったです。

 

 

 

現在FACTのメンバーはJoy OppositesとSHADOWSという2つのバンドに別れて活動しています。それぞれカッコイイ音楽を今も精力的に作っているので是非聴いて欲しいです。

FACT「best+ 2009-2015」インタビュー - 音楽ナタリー 特集・インタビュー
全員で明かす、FACTの歩み&解散理由

 

 

 

エピソード

このアルバム発表時にFACTは世界デビューに伴って約50ヶ所を回る北米ツアーが決まってました。

そのツアー中メンバーが乗っている車が移動中に大事故にあい車は大破。ドラムのEjiさんが左腕を骨折しツアーは全てキャンセルになってしまいました。

ちなみに2014年に発表したアルバム 『WITNESS』に収録miles awayという曲のPVでその事故当時を回想しています。

 

その後、Ejiさん復帰後最初のライブは上述したイギリスの大型フェスのSonisphere Festival。

Linkin park、METALLICA、Avenged Sevenfold、Nine Inch Nails等スーパーバンド達が大量に参加していた今回のフェス。

FACTはサブステージでの出演が決まっていましたが、
メインステージで演じる予定だったCoheed and Cambriaが遅刻しステージに間に合わないという事態になり急遽入れ替えでFACTが5万人の観客がいるメインステージに立つことになりました。

もちろんCoheed and Cambriaを待っていたファンたちは日本のバンドを観ることになったため、怒り狂いペットボトルを大量に投げるなど厳しい海外の洗礼を浴びることになります。

 

 

しかし、FACTへの観客達の反応は途中からブーイングから歓声へと変わっていきます。

ある意味トラブルが自分たちを認めさせる最大のプロモーションになったのです。

 

 

ビッグリスペクトFACT!!

 

あと最後にインスタで公開したKJ関連曲ベスト10は今週中に出します!

About Post Author

YOSUKE

現役サラリーマン、営業職 【趣味】飲み会 サッカー観戦 読書 フットサル なにせ音楽を愛してるぜ!!
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
タイトルとURLをコピーしました