スポンサーリンク
Uncategorized

蝶のように舞い蜂のように刺すSOUL SCREAM(ソウルスクリーム)の2ndアルバム、『The positive gravityー案とヒント』【アルバム解説】【オススメ曲】

Uncategorized
この記事は約5分で読めます。
0 0
Read Time:44 Second

こんばんは。

今日通勤中にiPhoneシャッフルして聴いたアルバムがあります。

やっぱり名盤だ。

この良い意味で埃っぽいノスタルジックな音、、


SOUL SCREAM / The positive gravity 〜案とヒント〜 (2枚組アナログレコード) 【LP】

という事で今回紹介するのはSOUL SCREAMが1998年に発表した2枚目のアルバムです!
SOUL SCREAMとはキングギドラ、RHYMESTERらと同じく所謂さんピン世代に属している日本語ラップ草創期から活動されているグループです!

そんな今回のアルバムは、SOUL SCREAMらしい思想的な、文学的とも形容されるようなラップが楽しめます!
レベルミュージックとしてヒップホップがイメージされるようなワルな感じも無く、自分のスキルや経験を誇示したり誰かをディスするような曲もありません。
ただそこにあるのはDJ CELORYのスベシャルなビートと2MCであるHAB I SCREAMとE.G.G.MANの繰り出す蜂と蝶のようなラップだけです。

今回も簡単な解説とオススメの曲を3曲紹介していきます!!

ジャンル
ヒップホップ

文学的
★★★★
日本語ラップクラシック
★★★★★

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オススメの3曲!!

1 蜂と蝶

言わずと知れた日本語ラップクラシック。
この曲のビートは今迄に数え切れない程MCバトルで使われてきました。

“蝶のように舞い ひらりひら”

“蜂のように刺す ブンブンバァ”

1度聴いたら忘れられないリリックですね。
まさにこの通りにHAB I SCREAMが蝶のようなフローのラップをし、E.G.G.MANが蜂のような鋭利的なラップを交互にしていきます。

名曲。是非。

2 7つの敵

 7つの味方

アルバムの8曲目と9曲目です。
ここでは2つの曲を1つの曲として解説します。
それぞれの曲名は手塚治虫の名作漫画、
『ブッダ』から引用されています。

人が生まれてから死ぬまでに出会う敵、

「病気」「飢え」「裏切り」「嫉妬」「欲」「老衰」「死」……

それらが7つの敵です。

対をなす7つの味方とはそれらの敵から救ってくれる

「健康」「富」「友情」「思いやり」「希望」「経験」「誕生」のことです。

それらの7つの敵と味方をSOUL SCREAMなりの解釈をし、僕らにラップで説いてくれます。

前者は独特なエレクトロなビートで、
後者はメロウで心落ち着くビートの上で。

何だか考えさせられます。 是非聴いてみてください!


【新品】ブッダ [新装版] (1-14巻 全巻) 全巻セット

3 2018-今

アルバムの最後を締め括る曲です。
このアルバムが発表されたのは1999年。
約20年後である2018年についてをラップをしています。

「現在2018年 自動車は太陽熱で走り排気ガスは低迷した
地下鉄は18路線に増え東京中を網羅している
東京タワーは形を変え
また一つ空が近くなった
不要品のリサイクル化も発展し
ゴミは有効活用されている
音楽もリサイクルされている
サンプリングされる数々の宝は
いつまでも若い世代に受け継がれている
あの日脚光を浴びたラッパーやDJ
ダンサーやグラフィティアーティスト達は
今も健在
そして今もなお増え続けているあの日を振り返る……」

目を見張るリリックですね。結構当たっているのがホントに凄いです。

「東京タワーは形をかえまた空が近くなった」

感嘆。まさにスカイツリーじゃないですか。

彼らはただただ20年後の理想像をラップしたのではないのです。

目指すべき未来をラップしたのです。

僕が感銘を受けたのは、上述したように
自分たちだけではなく僕ら人類全体の未来を語っている点。

果たして僕は今までに20年後の日本を考えて生きた事があったろうか。
いつも自分のことばっかで自分の将来のことしか考えていないじゃないか。
横柄で放縦な生き方をしているのではないだろうか。

うーん、そんな事を考えずにはいられらない曲です。是非。

アルバム全13曲を聴いた後に改めてこのアルバムタイトルに目を通して見てください。

今回の作品はまさにタイトル通りpositive gravityなんだという事に気づくはずです。

僕らリスナーにポジティブな思考の軸、重力を与えてくれているんだということ。

決して僕らに進むべき生き方の答えを教えてくれてるわけではないんです。あくまで案とヒントを与えてくれるのです。

なるほどなるほど。

あとはリスナーである僕らがこのアルバムで得たことをヒントに、尚且つ軸にして進むべき道を探さなくてはならない。

僕も邁進しなくては!

是非聴いてみてください!

ちなみに

ちなみにSOULSCREAMのメンバーは全員法政大学です。

この時代のラッパーは高学歴多いですね笑

KREVAが慶應でRHYMESTERは全員早稲田…

凄すぎますね。

About Post Author

YOSUKE

現役サラリーマン、営業職 【趣味】飲み会 サッカー観戦 読書 フットサル なにせ音楽を愛してるぜ!!
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
タイトルとURLをコピーしました