スポンサーリンク
altanative rockhiphopmusicpunk rock洋楽

洋楽ロックをサンプリングした日本語ラップ15選 【元ネタ】【サンプリング】【日本語ラップ】

altanative rock
この記事は約45分で読めます。
0 0
Read Time:18 Minute, 58 Second

こんにちは!
皆さんはヒップホップ好きですか?
僕は好きです。

僕はDragon Ashの影響でZeebraを知りそこからラッパ我リヤSOUL SCREAM餓鬼レンジャーRHYMESTERKREVAらを聴くようになりヒップホップにハマりました。
最近だと¥ellow bucks(捕まっちゃいましたね泣)、CDSのJUBEE君が好きです。

後はkZm君が好きです。
kZm君はニート東京というYouTubeチャンネルで知りました。
そこではじめて『Dream Chaser』という曲を聴いて秒速で惚れたのですが、というのもこの曲は僕の大好きなロックバンドThe Killers『Mr. Brightside』をサンプリングしてたからです。

上記のkZm君に限った話ではなく、日本語ラップを色々漁ると意外と海外のロックバンドの曲をサンプリングしてる事が多いことに気づきました。

ヒップホップではサンプリングは文化のひとつです。
今回は海外のロックバンドの曲をサンプリングした日本語ラップの曲に絞って15曲紹介します!

ロックバンドが好きな人も、ヒップホップ好きな人にも是非見てって欲しいです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 kZm『Dream Chaser』

・サンプリング曲
The Killers 『Mr.Brightside』

前書きでも紹介しましたが、Awich(エイウィッチ)、JNKMN (ジャンクマン)、 MonyHorse (モニーホース)、PETZ (ペッツ) ら今をときめくヒップホップアーティストが所属するクルー、YEN TOWN所属のkZm(カズマ)のアルバム『DIMENSION』収録の曲です。
めちゃくちゃいい曲!リリックも最高です。

この曲ではキラーズの大ヒット曲をサンプリングしています。
この曲きっかけでキラーズ聴く人が増えてくれれば嬉しい。キラーズのオススメアルバムは『Hot Fuss』です。
キラーズは NirvanaLed ZeppelinFall Out Boyら大御所ロックバンドをディスったりするなどルックスや曲とは裏腹にかなり攻撃的な性格をしてましてこちらも面白いのでチェックです!

あと今回紹介したキラーズの曲ですが、電波少女(デンパガール)の楽曲『footprint』『Mr.Brightside』をサンプリングしてると思います。
そいえば電波少女も逮捕されちゃいましたね…

大麻所持によるハシシの逮捕受け、電波少女のメジャーデビュー後作品が出荷停止に
電波少女のハシシが大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、ソニー・ミュージックレーベルズが対応方針を発表した。

2 SALU『夜に失くす』

・サンプリング曲
MGMT 『Kids』

『SALUくんには頑張って欲しい、は?おまえが頑張れ似非評論家』【AKLO『RGTO』歌詞引用】
でお馴染みの札幌出身のSALUが2017年に発表したアルバム『INDIGO』に収録された曲です。
大物ともの共演も多いSALUですが今回はゆるふわギャングを迎えての一曲です。

この曲ではサイケデリックポップバンド、MGMTの代表曲をサンプリングしてます!
MGMTを知ってる人はこの曲聴いた瞬間ビビっときますよね。

SALUの凄いところはこの超有名なビートを使って完全に自分の曲として完成させてるところです。やっぱすげえ。

個人的にSALUのオススメのアルバムは『In My Life』、MGMTは『Oracular Spectacular』です!こちらもチェックです!!

3 ゆるふわギャング『psychedeligood』

・サンプリング曲
RadioHead 『Creep』

前段で紹介したSALUの『夜に失くす』でも紹介したゆるふわギャングが2018年に発表した曲になります。

今回の曲ではUKロックの超大御所で僕も死ぬほど聴いてきたRadioHead(レディオヘッド)の代表曲をサンプリングしてると思います。

ビート自体をサンプリングしてる訳ではなく、曲中に度々出てくるギターの「ガガガッ」って部分は確実に『Creep』をサンプリングしてるんじゃないかなと推察します。

何故サンプリングしてるか僕の中で確信を得られるかと言いますと、ゆるふわギャングは過去にこのブログでも紹介したスーパーカーの楽曲『YUMEGIWA LAST BOY』『strobolights』をサンプリングしたり、他にもメンバーのRyugo IshidaはニルヴァーナBeatlesに影響を受けていると過去のインタビューで答えるなど確実にロックに知見があります。
なので今回の曲も『Creep』から着想を得てるんじゃないかと言いきれます。

平均年齢19歳の男女が産んだ奇跡のアルバム!SUPERCAR 『スリーアウトチェンジ』 【アルバム解説】【オススメ曲】
スーパーカーのオススメのアルバム オススメの3曲 バンド紹介 邦楽ロックオススメのバンド紹介 アルバム解説

ゆるふわギャングを知らない人は是非チェックして欲しいです!

そしてもちろんRadioHeadは僕の大大大好きなバンドなのでこちらもチェックして欲しいです!個人的オススメのアルバムは1995年発表の『The Bends』、1997年発表の『OK Computer』です!

4 kZm『TEENAGE VIVE(feat Tohji)』

・サンプリング曲
Bloc Party『Helicopter』

『Dream Chaser』でも紹介したkZmと今をときめくTohjiがコラボした曲。
シンプルに超絶カッコイイ。
まってました!!と言わんばかりのコラボですね。

今回はイギリスのポストパンクバンド、Bloc Party(ブロックパーティー)の楽曲をサンプリングしています。
Bloc Partyは独特で先鋭的なメロディーが特徴で、パンクだけでなくR&Bやハウスからの影響も垣間見れるファンクネスなバンドです。

そんな彼らの代表曲をサンプリングしてます。

kZmは洋楽ロックだけじゃなく、邦ロックを代表するアジカンことASIAN KUNG-FU GENERATIONの曲もサンプリングしてます。こちらもチェックです!

そして今回共演したTohjiもDragon Ashからの影響を公言するなどロックの影響も受けてるのでこちらもチェックです!
Dragon Ashについては詳しくブログ書いてるので是非!

Kjこと降谷建志(Dragon Ash)が携わったミクスチャーな曲15選とその背景 〜Part1〜 【15曲】【解説】【考察】【元ネタ】【サンプリング】
Kjこと降谷建志が携わったDragon Ashらのオススメの楽曲15と解説 【元ネタ】【解説】【サンプリング】【オススメ】 Dragon Ashだけで300曲以上ある中、今回は革新性のあるミクスチャーな楽曲を15曲に絞り音楽背景と合わせて解説(考察)します。

5 RIP SLYME 『POPCORN NANCY』

・サンプリング曲
NIRVANA 『About A Girl』

2018年に惜しくも活動休止をした個性際立つヒップホップグループRIP SLYME(リップスライム)が2015年に発表した楽曲です。
今回の曲ではイントロギターリフの部分でグランジの立役者、NIRVANA(ニルヴァーナ)の楽曲をサンプリングしています。

NIRVANAについては言わずもがなな存在なのて割愛します!

僕はRIP SLYMEもNIRVANAも大好きなので始めてこの曲を聴いた時は超絶興奮しましたね。

好きな人が好きなバンドの楽曲をサンプリングするって本当に最高。

話は変わりますが改めてRIP SLYMEの活動休止辛い。
綺麗な形ではなく色々と複雑なゴタゴタがあってのこの形は本当にきつい。

僕は1度だけRIP SLYMEのLIVEを見たことがあるのですが大好きな曲『One』を聴けた時の感動は一生忘れません。

6 ralph 『piece of cake』

・サンプリング曲
Korn 『Somebody Someone』

ラップスタア誕生の4代目王者として一躍注目をあびたralph(ラルフ)の楽曲です。
ralphはグライムやドリル的アプローチの多い楽曲が特徴です。

“グライム”というのは2ステップ等のハウス系クラブミュージックにラップやレゲエの要素を加えた音楽ジャンルの事です。
“ドリル”はギャングスタア的なバイオレンスなリリックが特徴のヒップホップジャンルです!
どちらのジャンルも面白いので是非こちらもチェックです!

今、イギリスで盛り上がるヒップホップジャンル「UKドリル」とは? ジャンルの特徴から楽曲制作に使えるTipsまでをピックアップしてご紹介!
イギリスでは現在、2010年代半ば以降、同国の音楽シーンを席巻したグライムリバイバルの人気がピークを迎え、それと入れ替わる形で新たに「UKドリル」と呼ばれるジャンルが台頭し、人気になっています。 昨年あたりからUKドリル

そんな今回の曲では過去に僕らのブログでも紹介したニューメタルの始祖的存在Kornの楽曲をサンプリングしています。

まじでralphとKornの相性が良すぎる。カッコよすぎ!

ralphは他にもカッコイイ曲が沢山あるので要チェックです!!

ちなみに僕はKornのLIVEを見たことがあるのですが、あのステージングは圧巻。曲だけじゃなくマイクスタンドもドラムセットもめちゃめちゃインパンクト強いです。

Korn 『Korn』
ニューメタルのパイオニア的存在のKornのファーストアルバム。
児童虐待、薬物、虐め等のネガティブな事をテーマにしたアルバム。兎にも角にも色々な意味で重いアルバムです。

7 G:nt 『Devil』

・サンプリング曲
Sum41 『Pieces』

前段でも紹介したralphと同じくラップスタア誕生で活躍したG:nt(ジーエヌティー)の楽曲です。
今回の曲ではメタリックなギターリフが特徴のカナダの世界的パンクバンドSum41(サムフォーティーワン)の曲をサンプリングしています。
G:ntは父親がハードコアバンドをやってるらしいです。その影響でロックも聴いてきたんだろうなってことがこの曲から伺えますね。

G:ntは僕が個人的に注目してるロックバンドCVLTEとも共演してるのでこちらもカッコイイのでチェックです!

そして何と行ってもSum41ですが、
このバンドは僕が中学生の頃に死ぬほど聴いたバンドです。
本当に耳が腐るほど聴きました。
Sum41知らない人は聴いてほしい。
オススメのアルバムは『Does This Look Infected?』『Underclass Hero』です!
是非!

8 RHYMESTER 『Kids In The Park feat PUNPEE』

・サンプリング曲
The Offspring 『Pretty Fly』

日本語ラップを代表するRHYMESTER(ライムスター)とPUNPEE(パンピー)がコラボした楽曲です。
今回はビートをサンプリングした訳ではなく、イントロダクションの部分でThe Offspringの最も商業的に成功した楽曲『Pretty Fly』をサンプリングしています。

そしてなんですが、実は『Pretty Fly』もサンプリングした曲でして、この有名なイントロダクションの元ネタはイギリスのメタルバンドDEF LEPPARD(デフ・レパード)が1983年に発表したアルバム『Pyromania』に収録の『Rock Of Ages』という曲なんです。
これ意外と知らない人多いと思うのでチェックですよ!!

本題に戻りますがRHYMESTERは僕も大好きでです。
僕はメンバーである宇多丸さんのラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』のヘビーリスナーでした。
中でも映画が好きなので『週間映画時評 ムービーウォッチメン』というコーナーはよく聴いてました。僕は映画見たあとは毎回参考にしてましたね。
ちなみにこのコーナー経由で宇多丸さんは般若とビーフを繰り広げた事もあります笑

https://jrap-respect.com/japanesehiphophistory-beef/

PUNPEEももちろん好きで、
特にPSGとしてのアルバム『David』は名盤なのでオススメですよ!

そしてそして何よりもオフスプリングは上段で紹介したSum41と同じく中学生の頃に死ぬほど聴いてたバンドの1つです。特に『Americana』というアルバムはバチくそかっこいいので是非!

9 晋平太 『NO LOVE feat R指定』

・サンプリング曲
NIRVANA『Love Buzz』

UMBこと「ULTIMATE MC BATTLE」で史上初の2連覇を達成した日本のMCバトルを代表するラッパー晋平太と、同じくUMBで3連覇を達成し、ロンドンで開催された「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019」 で優勝したDJ松永とのチャンピオンユニットCreepy Nuts(クリーピーナッツ)として大人気のR指定との共演曲。

NIRVANA好きの僕が見逃すわけがありません。 R指定の曲漁ってた時に初めて聴いて「ニルヴァーナや!!」ってなった時の感覚は忘れません笑

晋平太もR指定もバトルだけじゃなく曲も素晴らしいのでチェックです。
晋平太はバトルのイメージが非常に強いですが、2020年に発表した楽曲『ボコボコのマイク』はめちゃ痺れるので聴いて欲しい。
何よりも僕らの地元がリリックにあるので堪らないです。

Creepy Nutsは『だがそれでいい』という曲が好きです!!青臭いリリックが最高です。

10 BES 『Pyrex feat NIPPS』

・サンプリング曲
Marilyn Manson『This Is The New Shit』

SEEDA(シーダ)、A-THUG(エーサグ)、I-DeA(アイデア)らが所属する神奈川を代表するハスリングヒップホップグループSCARS(スカーズ)やSWANKY SWIPE(スワンキースワイプ)のメンバーとしてもお馴染みのBES(ベス)が2016年に発表した楽曲です。

そしてそして、日本におけるレジェンドヒップホップグループBUDDHA BRAND(ブッダブランド)のMCであるNIPPS(ニップス)が客演で参加してます!!(超大事)

この曲ではアメリカを代表するニューメタル、ゴシックロックバンドMarilyn Manson(マリリン・マンソン)の楽曲をサンプリングしています。

Marilyn Mansonは面白いエピソード多いし、曲もかっこいいのでいつか詳しくブログ書きたいと思ってます。

BESももちろん僕はSCARSも好きなのでこちらもいつかブログ書こうと思います。

改めてBESはラップがうますぎる。
そしてPVの最後の演出もグッド!
BESは何度も捕まってるはずなのに変わらない感じが最高です笑

そして今回のサンプリング曲である『This Is The New Shit』ですが、DEVDFRE$H(デッドフレッシュ)というグループもサンプリングしてるのでこちらも是非!
サグでアングラな感じがイカしてます。

11 Hideyoshi 『大事』

・サンプリング曲
Blink182 『Adam’s Song』

Tokyo Young Visionに所属する日本を代表するエモラップアーティスト、Hideyoshi(ヒデヨシ)の楽曲です。Hideyoshiは大人気番組「高校生ラップ選手権」にも出場したことがある折り紙付きのラッパーです!

今回の曲ではポップパンクバンドを代表するBlink182(ブリンクワンエイティートゥー)の楽曲をサンプリングしています。

僕は『Majinahanashi』という楽曲で彼を知り、この曲と出会いました。
「うわ!ブリンクやん!!」ってなった時の感覚を誰かと共有したい…。
なぜならBlink182は前段でも紹介した、The OffspringやSum41と同じく中高生の頃アホみたいに聴いてたバンドだからです。
そうなんです、僕はポップパンクやメロコアが大好きなのです。

そこからHideyoshiに興味が更にわいて、色々と調べたらお兄さんがハードコアやパンクバンドが好きみたいで幼少期に影響受けてたみたいです。 納得。

HideyoshiはDJ ChariDJ TATSUKIの楽曲『innocence』という楽曲にも参加していて、この曲ではSIAM SHADEの代表曲『1/3の純情な感情』をサンプリングしてます!
こちらも最高にイケてるのでチェックです!

12 GOBLIN LAND 『EIEN feat KiDNATHAN&Jin Dogg』

・サンプリング曲
Weezer『Island In The Sun』

大阪のネオチンピラ兄弟GOBLIN LAND(ゴブリンランド)のアルバム『Be Creative』収録の楽曲『EIEN』です!
彼らはkZmと同じくニート東京で知ったアーティストなのですが曲を漁ってビックリ。
Weezerの楽曲をサンプリングしてるからです!

何がビックリってギャップですよ。

Weezerは日本では“泣き虫ロック”と形容されるなど冴えない男を代弁するかの様な曲が特徴のバンドだからです。

そんな彼らの楽曲をまさに人生エンジョイサイコー!って感じのGOBLIN LANDがサンプリングしてるからです。

だからビックリしました。

WeezerELLEGARDENのVo細美武士さんの影響で聴き始めた僕にとって青春のバンドの1つです。

『Island In The Sun』は僕が辛い時何度も救われた楽曲なのです。是非聴いて欲しい。
もちろんGOBLIN LANDも要チェックです!

13 GOBLIN LAND 『アリノママ』

・サンプリング曲
GREEN DAY 『Basket Case』

前段でも紹介した同じくGOBLIN LANDの楽曲になります。
今回は世界を代表するポップパンクバンドGREEN DAYの代表曲をサンプリングしてると思います。
直接ビートをサンプリングしてるわけではなく、ギターリフや曲展開が『Basket Case』にそっくりです!

そこでGOBLIN LANDはロックバンドに影響受けてるのかなと思い色々と調べたのですがそれらしい記事は見つかりませんでした…。
だがしかしここまで来るとロックも好きなのかなと思います!

もしかしたらこれからもロックバンドの曲をサンプリングしてくれそうな気がするので引き続き追っかけてみようと思います。

そして、サンプリング元のGREEN DAYですが、僕はアルバム全部持ってるほど大好きです!!
中学生の頃洋楽ロックにハマるきっかけのバンドなのです!GREEN DAYもいつか詳しくブログ書いてみようと思います!

14 SUSHIBOYS 『DA-DA-DA』

・サンプリング曲
10cc 『Art For Art’s Sake』

超個性派ヒップホップグループSUSHIBOYS(すしぼーいず)のアルバム『SUSHIBOYSの騒音集 VOL.1』に収録の楽曲になります。

この曲では1970年代から活動を続けるイギリスのバンド10ccの楽曲をサンプリングしています。
ちなみにスコットランドのロックバンドFranz Ferdinand(フランツ・フェルディナント)も『Do You Want To』という楽曲で『Art For Art’s Sake』をおそらくサンプリングしています。

このギターリフは1度聴いたら頭から離れませんね笑

SUSHIBOYSは僕らと同郷で埼玉をレペゼンするグループなので個人的に応援してます!

『ダンボルギーニ』『死んだら骨』等曲名も一風変わっていて、そこも彼らの特徴の1つです。
ファッションもオシャレなので要チェックです!

そして10ccは世界を代表する往年のロックバンドのひとつで、音楽に疎い人でも彼らの代表曲『I’m Not In Love』は聴いたことある人多いのでは?と感じます。

やはりロックは深堀りしてなんぼだと僕は考えてるので、ロックが好きな人はこの世代のロックバンドも是非チェックしてほしいです。
意外と聴いたことある!ってなると思いますよ!

15 Dragon Ash 『Grateful Days』

・サンプリング曲
The Smashing Pumpkins『Today』

Dragon AshACOZeebraを迎えての楽曲になります。

おそらく日本で1番有名な日本語ラップ曲でしょう。
間違いなくZeebraの「俺は東京産まれHIPHOP育ち
悪そうな奴は大体友達」
は日本一有名なヒップホップのリリックだと思います。

この曲に関しては何度も取り上げられてると思うので割愛します。

Dragon Ashとサンプリング元のスマパンことThe Smashing Pumpkinsは過去にブログ書いてますのでチェックしてみて下さい!

smashing pumpkins 「Siamese Dream」  
この曲なしではこのアルバム、いやスマパンを語れないでしょう。超絶名曲。僕は最初のギターイントロで泣きそうになります。

最後に

世代を問わず、今回紹介した曲はHIPHOPが好きな人なら聴いたことある人は多い楽曲が多かったと思います。しかしながら、これらの楽曲の元ネタが何だったのかは、というよりサンプリングされていた曲だということは意外と知られていない。もちろん、僕だって元ネタが知らない曲がこの世界には沢山ある。
自分が聴いてて好きだった曲が意外と誰かのカヴァー曲だったということもざらにある。
ですが、今回紹介した楽曲は僕は少なくともオリジナルの素晴らしさも知っている。
そして何よりサンプリング曲漁る楽しみも知っている。
だからこのブログを見てくれた人にはそんな音楽を深掘りする楽しみを、そして元ネタ曲の素晴らしさを共有出来れば幸せだ。

僕が知らないだけでまだまだ洋楽ロックをサンプリングしている日本語ラップの曲は5万とあるはずなのでまた紹介できるほど集まったらパート2という形でこんなブログを書く予定です!

見てくれてありがとうございました!

素敵なイラスト!みーさんの作品

そして今回のブログで使用させて頂いたイケてる可愛らしいイラストはみーさんの作品です!

邦ロックからインスパイアされた素敵なイラストを沢山描いてますので是非チェックしてほしいです!!

イラストを使用させて頂き、本当にありがとうございました!!

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

About Post Author

YOSUKE

現役サラリーマン、営業職 【趣味】飲み会 サッカー観戦 読書 フットサル なにせ音楽を愛してるぜ!!
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
タイトルとURLをコピーしました